トップ  >  代表プロフィール  >  岩原 晋子のプロフィール

岩原 晋子のプロフィール

愛犬家のハートをつかみます!

DSC_1558_copy.jpg

 

1989年 東急リバブル株式会社に入社。3年間、不動産営業庶務から役員秘書を経験。金銭管理等の内部管理から不動産物件販売時アシスタント、100名超のパート求人から採用、管理まで一人で担当。
役員のスケジュール調整、スピーディかつ円滑な社内調整係りを経験する。

1992年 家業ペット小売業エムケースエマツ入社、ペット通販コールセンターで受注管理を担当、配送商品違い、欠品等のクレーム対応の中で電話接客の「誠意」を学ぶ。

1995年 年間来場20万人を越える犬猫テーマパーク施設運営管理担当。
売上管理、労務管理、若手人材育成を経験。プライベートでは2児の子育てと仕事の「バランス」に苦悩。飲食店テナント誘致、小学生向け「ファンクラブ」、自ら子育ての経験による放課後友達と遊べる場所「プーチクラブ」展開。他修学旅行生、体験学習、幼稚園受入プログラム等経験。
3箇所のドッグパーク、ドッグアドバイザースクール開業を経験
実父が発起人となったペット小売業協会発足事務局に携わる

2003年 伊豆高原ドッグフォレスト「ブリーダーズビレッジ こいぬ村、いぬともカフェ」の事業開発を経験。

2004年、経理・財務担当役員となり企業経営を学ぶ。役員就任4日後に実父死去、最初の仕事は社葬。
企業会計、財務の仕組、銀行融資、資金調達他、株主総会など総務業務を経験。会計士、税理士、弁護士、社労士との連携のなか推進していく社外コンサルとのプロジェクト業務を経験。

2007年に独立。
TBS町田市住宅展示場内60坪ドッグラン運営受託のなかで、来場顧客同士の口コミ情報の多さ、イベント時の集客をみて住宅展示場内における集客の手段として「犬イベント」のパッケージ商品を思いつく。
営業先のハウスメーカーから、新築物件の直接誘導手段としてのPRの相談を受け、リアルサイズの犬が暮らす家「モデルルーム」を提案、採用。さらにネットをつかった集客手法のひとつにSNSでの愛犬家オフ会のよびかけの多さに着目、ネットとイベントを連動させたクロスメディアを不動産PRの一つとして現在展開中。

過去のペット業経験から、イベント協力者は小売業からサービス業までおよぶ (獣医、ドッグトレーナー、犬写真家、トリマー、ペットショップ、ペットメーカー、専門学校) 災害救助犬、盲導犬などの社会福祉団体のネットワークを構築。
出展者同士の交流の場を設けて相互集客、顧客ターゲットにあわせたイベントを企画